<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


二本松市チーム快走!

~第22回福島県縦断駅伝競走大会~

今日の快晴の空のように さっそうとかけぬける選手たち
今年も二本松市チームは がんばりました!

  二本松市役所の中継所で応援!

合併してからは 選手の名前を覚えられない私ですが
二本松市のタスキをつなぐ 一生懸命な姿には 感動!!!
b0168412_2254891.jpg



  
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-11-21 22:54 | 東和の宝物

介護の基本を学ぶ

11/28 介護の基本を学ぶ講演会があります

 10:30~12:30 二本松市役所 正庁
 
  無料 誰でも参加できます

講師は 特別養護老人ホームうらやすの施設長 佐々木恵子さん

私たちが 年をとって 介護を受けるようになったら
どんな介護を受けたいと思いますか

介護を必要とする 一人ひとりに向き合い
その人が 人として大切にされる介護とは

”介護”に限らず 人と人とのかかわりあいの ヒントにもなります
是非 足を運んでみてください
b0168412_22305517.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-11-21 22:32 | 楽しいおしらせ

元気で長生きするための100歳入門

11/17二本松市シルバー人材センター創立25周年記念講演会

 講師 食文化史研究家 永山久夫氏 79歳(福島県楢葉町出身)

しあわせホルモンと言われる「セロトニン」
”明るい”ということは 免疫力が強いということ
このセロトニンを高めるには
 ”朝日をあびること” それは、早起きすること!

”しあわせ”は 貧しくてもゆとりがある

老化(細胞の酸化)を防ぐためには
お茶(緑茶)を70℃で飲む
お茶の原料のトリプトファンは必須アミノ酸
必須アミノ酸は かつお節、ゆば、麹にいっぱい入っているということ

大事なのは ただ食べるのでなく
”思いこみ”で食べる (おいしいとか、体が元気になるとか・・・)

年をとった人は 観光資源!
長寿国日本は 世界から注目されている

肌がきれいなのは 女性ホルモン(リストラゲン)のたまもの
このリストラゲンを食べ物をとおして摂る
それは 大豆(イソフラボン)を食べること (みそ汁を食べる)
「実の三種は身の薬」と言われる

小豆のアントシアニンも 酸化から守ってくれる(老化を防ぐ)

今 低体温者が増えている
熱いみそ汁と、しょうが紅茶がいい

”ざくざく”
野菜がたくさんとれるのでもっと普及させる 

などなど わかりやすく話してくれました

早起きして 朝日を体いっぱいにあびて
地元で採れた 野菜を食べれば
明るく元気に! そして美肌もやってくる

私たちの住んでいるところには 幸せの源がいっぱいですね!
b0168412_2213473.jpg





 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-11-21 22:03 | 楽校

幡祭りの里史跡巡り

第2回幡祭りの里史跡巡り
 ~郷土食を楽しむウオーク~

 今日11月7日(日)は 身の引き締まる早朝でしたが

  日中は 最高のウオーク日和に恵まれました

ウオークに参加してくれたのは 約150名
会津若松市からの参加者は 5時30分に出てきたとのこと
8時にスタートのウオークは珍しいと話していました

参加者とこんな会話ができるのも 膝を交えての食事会があるから
餅(エゴマ、餡) 秋色ごはん(きのことサツマイモ入り)、ざくざく
母ちゃん巻、ひたし豆、いか人参、かぶの甘酢漬け、甘酒など

皆さんから ”おいしい!”の声をたくさんいただきました
b0168412_22125360.jpg

b0168412_22143663.jpg

実行委員も2回目とあって
昨年の反省を活かし スムーズな運営をすることができました
皆さん 今までの準備と本番 本当にお疲れ様でした

その疲れも 参加者に喜んでいただけて
心地よい 充実感に変わっていた気がします(交わす笑顔がすがすがしかった!)

そしてまた今日の反省点も見えてきたので
それを第3回目に活かして 木幡ならではの
ここにしかないウオークにしていけたらと思います

ウオークは 木幡地域が元気になるための手段
ここを拠点として いろんな企画を仕掛け
元気に つながろう!!! 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-11-07 22:32 | 東和の宝物

古代エジプト神秘のミイラ展

ミイラ! これ本物?と思ってしまいました
もちろん本物です

 紀元前1000年頃のミイラが
 麻の包帯につつまれて 横たわっていました
 2体か3体ありました

信じられません 驚きです
 ミイラは 包帯をといていた時代もあったようですが
 ほとんどは(今も)とかずにおくそうです
 ミイラの作り方も書かれていました

どうしてミイラにしたのでしょうか
 *友人曰く:みんなミイラにしたわけじゃないよね・・・
  そう 王様や王妃様だけですよね  
「死者の書」もあり 死後の復活を願ってのことのようです

その他に 包帯の間に入れていた 護符(お守り)が展示されていました
ブルーの鳥をかたどった「有翼スカラベ」に
おもわず きれい!と感嘆

”古代エジプト”というと
 悠久の夢とロマンただようような感じがします

4000年以上前の 時代をかいまみることができるのですから
やはり 気持ちも広がっていきますよね

3日の夕方閉館ぎりぎりに入りましたが
車もいっぱい 土日はたくさんの人が入るでしょうね
 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-11-03 23:18 | 感動

尾形光雲書作展

b0168412_064319.jpg

この言葉が好きです

尾形光雲氏は 二本松市松岡出身の方で
現在は 福島市松川町にお住まいです
毎日書道展に出品され 数々の賞をいただいている方です

 *昨日 東和まゆみ会の旅行でご一緒した方から
  情報を得たので出かけてみました

市民交流センターにこのようなギャラリーがあったのか・・・
使用料はいくら?
適度な広さにも感じました(ちょっとした内容では広すぎるかな?)
せっかくあるのだから どんどん活用する人が増えるといいですね
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-11-01 00:22 |

永山久夫氏(食文化史研究家)講演会

講演のタイトルは

物忘れを防ぎ、ボケず、寝こまず100歳まで
元気で長生きするための『100歳入門』

  11月17日(水) 10:40~11:40
  県男女共生センター 研修室
   入場無料 
    *駐車場:霞ケ城公演第5駐車場(旧東邦ゴム工業倉庫跡)

これは、二本松シルバー人材センターの
創立25周年記念事業として 開催されます

永山氏プロフィール 
 食文化研究所、総合長寿食研究所所長、西武文理大学講師
 古代から明治時代までの食事復元研究の第一人者
 食文化史に永山あり」と言われる
 長寿食や健康食の研究者でもあり 長寿村の食生活を長年にわたり調査している

興味のある方は 是非参加してください
b0168412_021427.jpg
     
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-11-01 00:02 | 楽しいおしらせ
line

天職は宝物


by Carpe-Diemwith
line