<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


緬羊(ひつじ)の復活

昭和の初めころ 東和の木幡の方が
緬羊の生産で 日本一に輝いた歴史があります

現在 同じ木幡で緬羊(ひつじ)を飼育している農家が 10軒くらいあります
その一人が 安部俊一さんです
(夏ころNHKのテレビにも紹介されました)

緬羊の肉は おなじみの
 ラ ム(生後1年未満の子羊)
 マトン(主に成長した雌)です
  *私は ラム派ですが(やわらかくておいしい)
   安部さんは味のあるマトンを好むそうです
ラムの値段は 牛肉よりも高いかもしれません
羊毛は 布団やホームスパンとして活用されています

羊が中山間地の農業に果たす役割は
 放牧による 耕作放棄地の活用(特に桑の葉は大好き)
 飼育するのに あまり手間がかからなく 年配者もOK
 肉と毛の販売による収入がある

10/30にあった 東和まゆみ会(安達高校の同窓会)の旅行(東山温泉)で
会長である 安部俊一さんと話すことができました
 *普段あまり顔を合わせる機会がない方から たくさんの情報をいただきました

安部さんは 77歳くらいでしょうか
緬羊歴 20年くらい?
緬羊の事や地域の活性化のことを熱く語ってくれました

現在は ジンギスカンなどを食べてもらう場所がないので
行政区内の仲間と
パークゴルフ場、東小屋、ジンギスカンハウスつくり
桜の植樹を始めているということでした

ここまで進んでいると知らなかった私は 驚きでした
緬羊組合はありますから もっと飼育者が増えると 

山里の あちこちで 羊が放牧され のどかな農村の再現です
美しい里山づくりになりますよね

団塊の世代の定年退職者は どう過ごしているのでしょうか?
まだまだ 元気なので 何かしら仕事を続けているのかな・・・


雨の中東山温泉に向かいました(土湯の道の駅で)
b0168412_119471.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-10-31 11:15 | 東和の宝物

田舎暮らしをしたい人たち

10/23~24にかけて開催された
田舎と農業体験のできる モニターツアーに7名の参加がありました
(30~40代の 男性6名に女性1名)

10/23夜に開かれた すでに新規就農している方と
NPOゆうきの里関係者との交流会で
神奈川県からの参加者3名(男性)とお話することができました

田舎暮らしがしたいと思っている方々で
田舎で暮らすなら ”農業”だろうということです

友達のつきあいで おいでになったかたもいて
今すぐ ”農業をやりたい!”と
農業に夢をもっていることではないようですが
これがきっかけで 東和との縁ができるかもしれません

東和で過ごした 2日間はどうだったのか
また話を聞いてみたいです

まずは 人と人とのつながりができて
興味をもってもらえる時がきてくれると うれしいです!
b0168412_2335160.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-10-26 23:37 | 東和の宝物

生きがいをもつことは 元気の源!

二本松方部 高齢者と身体障がい者の作品展が
10月23~24日にかけて
二本松福祉センターで開催されました

137点の 書画・編み物・手芸・写真・彫刻などが出品され
老練の腕による作品が 輝いていました

前日の審査会で 市長賞や県老人クラブ会長賞などが決定!

特に感心するのは、137点の内 
80歳以上の方の作品が約50点あることです
100歳のおばあちゃんも 絵手紙を出品していました

ただ残念なのは 年々出品数が減っているということ
その原因はなんだろう?
1000人以上の会員がいる割には ちょっと少ない

もっと多くの人の 生きがいにつながるものなってほしいな
b0168412_23511650.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-10-25 23:52 | 生きがい

はじめての名刺づくり

『夢を形にする小さな一歩』の第5回講座

 「わたし」を発信する
    一枚のデザイン名刺

自分の名刺
仕事の名刺ではなく 
自分はこういう人間ですと書かれている名刺

出来上がった自分の名刺を手にし 感激!!!

参加者 それぞれが
今まで生きてきた自分と これからこう生きたいという思いを
一枚の名刺に表現した
それはそれは 一人一人の思いがいっぱい詰まった
すっごい 宝物!
一人一人の 生きる力になること間違いなしです
b0168412_0434378.jpg
 

私たちの名刺づくりを 導いてくださったのは
サガデザインシーズのみなさんです
夜遅くまで ありがとうございました

社長の 佐賀規子さんの名刺がまたステキなのです
”18年前 第三子誕生と同時に会社をはじめました!”・・・

彼女が最後に
 人の本質的なものを 引き出すことが 私の仕事です
という話をしてくれました
 
 表現は異なるけど
 そうです 私の目指しているものと同じです!
 その人のもっているいいものに気づき 伸ばして 輝いてほしい
 そんなお手伝いができればいいと思っているのです

彼女は 子育てと会社設立・経営等 考えることがいっぱいです
(今は 子どもさんは一人立ちしています)
無理せず なんかいい感じに歩いています

 ”女性は生活の延長で仕事している”と話していたのも
そんな生き方が 本物?のような気がして 共感しました

また いろんなことを話してみたい女性です
名刺という素適なプレゼントもいただき ありがとうございました
b0168412_11331100.jpg


 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-10-25 01:21 | 東和の宝物

大野達弘・美和子夫妻の益々のご活躍を祝う!

大野さんご夫妻の
福島県農業賞受賞祝賀会に出席しました
当日(10/19)の 東和文化センターは
約150名の出席者で 熱気みなぎっていました

私は 若かい頃から現在も 大野さんご夫妻とは
NPOゆうきの里やサークルで 共に活動させてもらっているので
受賞したことが 自分のことのようにうれしい一人です

これからも 中山間地で 農業で生き残っていくには?

その答えは 大野さんご夫妻が取り組んでいる
「環境と共生する農業」
  環境に負荷をかけない 有機堆肥での野菜栽培
「新規就農希望者への定着支援」
  都市と農村の交流から 二地域居住 新規就農定住へ
にあると思っています

農業をとおして
耕作放棄地を耕し 豊かな稔りの地に変える
手がゆきとどかない広葉樹林地を 原木しいたいけ栽培で再生
増える空き家に 新しい風とエネルギーを吹き込む 新規就農者の定住場所に

東和の山や田、畑が美しい里山に変わり
明るい光が差し込み始める気がします
そのためにも 元気につながろう!
b0168412_23412345.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-10-24 23:45 | ゆうきの里

二本松市東和地域モニターツアー

何のモニターツアーかといえば?

東和地域への移住・就農を希望している方に
現地に足を運んでもらい
 自分の足で歩いて 目で見て
 農業体験やすでに移住している方と意見交換し
ここで新規就農するか 判断する機会を提供するものです

今のところ 5名の方々が 県外から参加する予定です

 10月23日(土)~24日(日)
 宿泊は すでに新規就農している方のところです
  *これらの方々は 空家になっていたところを改修して住んでいます

 主催 NPOゆうきの里東和ふるさとづくり協議会

 参加者の年齢層は 20代~40代の男女です

東和地域には すでに何人か先輩移住者もおり
その仲間が増えるといいなあと思っています

私も23日夜の交流会に参加する予定です
わくわく どきどき? 楽しみです
b0168412_2393652.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-10-13 23:12 | 東和の宝物

笑顔が咲いた すまいるりーすatダーチャ村

花☆食☆自然☆音楽を楽しむ癒しの一日
10/10は やっぱり快晴でした

笑顔咲く*パッピイプロジェクト
ざくざくサミット
癒しの音楽 クリスタルボウル
ギター演奏と歌
ソバ打ち体験
マイタケご飯

今日も たくさんの笑顔とともに たくさんの人の魅力が満開!!!
誰でもみんな 秘めた素適な魅力をもってる!を実感しました

大学生から85歳の女性まで 集まってくれた年代層は幅広く
それぞれの できる! やってみたい! が開花した1日でした

そして 今日蒔いた種は 
広がりながら いい関係を紡いでいき
元気な人 まち 日本 世界へと続いていく気がします
(これって KATAHIRAさんが いっていることですよね)

このような場を企画してくれた
KATAHIRAさん karuさんに 感謝 感謝です!
b0168412_22553159.jpg

b0168412_23112543.jpg

b0168412_22563031.jpg

忘れてはいけませんでした 
今日は10aの畑に ”花のアート”をつくるための 種まきがメーンでした
”すまいる”を模った畑に 菜の花や・・・の種を蒔きました
   ・・花の名前を忘れてしまいました、後日karuさんに聞いておきます・・
来年の5月が楽しみです 是非見に来てくださいね 
b0168412_23114498.jpg

 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-10-10 23:12 | スマイル

ニュージーランドの大自然

~森羅万象の世界~
佐藤章さんの ニュージーランドの旅の記録

今年オープンした りょうぜんの「里山がっこうの家」で
スライド上映会(10/19)が開催されました

その前に! 
会費は1,000円なのに
旬の野菜を使った料理がたくさん並び 腹ごしらえ・・・
メーンは 近くで採れた栗が入った ”栗ごはん”
どれもこれも 一通り少しずついただいただけで 満腹状態でした
b0168412_2139841.jpg

食事をしながら 始めて会う人と自己紹介
大学生から ここの研修生(多彩な能力の持ち主ばかり)
知人 友人 親戚の方を含めて 25人くらい
(円卓を囲んでおすわりしての 食事と談笑も 親近感がわいていいですね)

実に いろんな人がいておもしろい
こんなにいろんな人とかかわっている
高野金助・すみ子夫妻は ますます偉大!と感じた

その研修生の一人が 佐藤章さん(山岳写真家)
世界18カ国を旅し 中でもニュージーランドは5年間に5回渡航とのこと

その美しい自然を映し出したスライド上映と語りから
ニュージーランドに興味をもった(行ってみたい!)
というのは 日本と違う価値観で動いている国だと思ったから

ホテルや乗り物(ヘリコプターに乗るのに1,000円位)
ガソリンなど 驚くほど安いのに

ある山に登るのに 人山規制をしているうえ
登山料(入山料?)がめっぽう高い
羊が道路を横断しているときは 車が止まって待っている

そんなに 立派な建物とかはなく
車も大切に 走るまで使い
自然や環境を大切にすることが 第一という価値観
日本とは 気候だけでなく 価値観も反対? と思ってしまった

自然に守られながら生きている 人間だから
その一番大事なものがわかっているのかな

彼は 二本松在住とのことですので
近くでも 上映会を開けたらいいですね
彼が 最後にたどりついたのは 農業だとか
いろんな 話が聴けるかもしれません







 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-10-10 22:19 | 交流

トランクロードのかぐや姫

ふるさときゃらばん 二本松公演

 12月1日(水) 午後6時30分開演 二本松市民会館
           入場料 3,000円

今年の4月に須賀川公演がありました
とうとう ふるきゃらが 二本松にやってきました

内容は 
 商店街にシャッターが増える さみしい街並みに
 元気印のよそ者の娘さんがやってきて
 まちの人を刺激し 
 
 そこに住んでいる人たちに 
 自分の街に愛情のようなものが芽生える ストーリー

”新生ふるきゃら”が送る
身近な題材をテーマにした 心にしみる ミュージカルです

是非 観に来てください
b0168412_095530.jpg
 
 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-10-08 00:11 | 楽しいおしらせ

2010夏無沼自然公園オータムフェスティバル

10月3日に
焼肉とマス釣り大会と銘打ったお祭りが開催されました

私が参加したのは お昼の焼肉(サホーク焼肉)から
合わせて 「ストラップ」の皆さんによる
ベンチャーズバンドの演奏が 賑やかに花を添えてくれました

友人が ニジマス釣りから参加していて
20匹くらい釣ったと 塩焼きをごちそうしてくれました

広大な夏無沼自然公園には
 広場が数か所 沼 キャンプ場
 ななかまどやニシキギのきれいな場所もあります
 途中には 遠く福島の方まで見渡せる 見晴らしのいい場所もあります
 でも この頃利用者が少ないことから

針道振興会と二本松市緬山羊研究会の方々が企画したものです
私も 久しぶりに夏無沼まであがっていきました

キャンプ場が出来たころは
いろんな サークルでキャンプを楽しみましたが
この頃は とんとご無沙汰していたのです

秋の紅葉の季節には
いも煮会もいいですね
是非 足をはこんでみてください 
b0168412_22203837.jpgb0168412_2221015.jpg

 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-10-03 22:22 | 東和の宝物
line

天職は宝物


by Carpe-Diemwith
line