<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


楽しみながら農泊受入

2月25~26日にかけて ゆうきの里東和の視察研修で
岩手県遠野市にある
「NPO 遠野山・里・暮らしネットワーク」と
江川農場「MILK-IN江川」(農家民宿)
を視察してきました (宿泊:MILK-IN江川) 

今年度 ゆうきの里では 農家民宿の資格を取得(旅館業法)し
農体験を中心に交流を広げ
地域と農業の元気な ゆうきの里づくりを目指しています

「NPO 遠野山・里・暮らしネットワーク」は
7年前に組織を立ち上げ 
 修学旅行、姉妹都市(武蔵野市)の民泊受入、
 ワーキングホリデー、子ども農山漁村交流に取り組んでいます
受入農家は 110軒あり その調整はNPOが担っています
b0168412_1055974.jpg


江川農場「MILK-IN江川」(農家民宿)は
家族(12名)経営で
酪農、水稲・野菜、狩猟、どぶろく、山野草、養魚、木炭、民宿など
幅広い経営をしているところでした
b0168412_1062952.jpg


研修をとおして感じたことは
 きっかけは 「人」! 
 形(かたち)よりも 目的は何かを明確にし 実行に移してみること! です

遠野市の交流のきっかけは
 ワーキングホリデーに来た先生で 先生の思いが学校を動かし
 修学旅行につながっていったとのこと
そして 農家民宿の資格をとることも大事だけど
 最低限のルールを作ったら とりあえず受け入れてみてもらうこと
 もちろん 来た人に気持ちよく過ごしてもらう 思いは大切
 *勉強ばかりだと 頭でっかちでなかなかすすまないかも・・・
それと 今 国・県はじめ旅行社や学校など
 いろんなところで農業体験や農家民宿泊を進めている
 自分たちの 目的がはっきりしていれば
 いい情報をキャッチし 受入れてみること
そのためにも 
 受入農家のリスト(経営や動物の有無等の情報)を整備しておくこと
 それを担ってくれる 事務局の存在が大事!

などど考えさせられた研修でした
「人が動けば 地域も動く それは元気のもと」
自分のやってみたいこと 好きなことで動きまわりたいですね

 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-02-27 10:33 | 楽校

健康講演会(NPOゆうきの里)

「健康な野菜は 健康な体をつくる・上級編(地域と健康)」
第3回目を向かえる講演会が 下記のとおり開催されます

 日時 2月28日(日) 13:30~16:00
 場所 道の駅「ふくしま東和」
 主催 ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会
 講師 尚絅学院女子短期大学 保育科教授 岩倉政城 先生
      (前 東北大学大学院 歯科研究科助教授 予防歯科学)

  「東和げんき野菜」(ブランド野菜)をつくるきっかけになった
 岩城先生の講演会 第3弾です
 
 今 道の駅「ふくしま東和」では 野菜の土壌基準をつくり
 基準をクリアした野菜を 「東和げんき野菜」として売り出しています
 売上好調で げんきな野菜として人気を博しています

口に入るものが本当に「健康」ならば
体も健康になって 地域も元気になる!
「健康な野菜」「健康な地域」とは?
先生の講演に大切なヒントがあります
是非 おこしください。
b0168412_9105854.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-02-27 09:12 | 楽校

東和の宝物がいっぱい(東和公民館まつり)

2月20日~21日にかけて 35団体が日頃の成果を発表!
東和公民館の全館を使って
「もったいない もったいない もったいない」が繰り広げられました
ひとり ひとりの力は小さいけれど
皆が集まると 大きな力になる!

テーマってどうして決めるの? とか
テーマにそってどんなことをすればいいの?
という団体もあるけど だんだん その輪が広がってきています

テーマがあることで 今 世界的な課題でもある
地球温暖化をはじめとした環境問題を考えるきっかけになる
小さな 一歩の 積み重ねが 
大きな課題を克服するパワーになる!

そして テーマは人と人とをつなぐ 一つの手段でもあります
団体毎に持ち寄って 参加することによって
いろんな人と人の出会があり 感動したり 刺激を受けたりすることで
新たな気づきや 一歩を踏み出す きっかけになり
自分らしく生きることにつながる!

そして 仲間意識も芽生えたりして 顔見知りが増え
ここが好き!楽しい! と思えることにつながると思います

今年は 昨年よりも参加者や観に来てくれた人も多くなりました
 (両日で 400名くらいの方が 足を運んでくれました)
公民館を拠点にして 地域がますます元気になればいいですね
(展示やステージ発表の一部を 写真ごらんください)
b0168412_22223726.jpg
b0168412_22231938.jpg
b0168412_22233874.jpg
b0168412_22235336.jpg
b0168412_22241954.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-02-23 22:29 | 東和の宝物

東和公民館祭り

テーマは 『もったいない もったいない もったいない』

今年で11回目になる 「東和公民館祭り」では
 公民館の今年度の事業紹介と
 公民館を拠点に活動している27団体が
 1年間の活動を 展示や大ホールで発表します
 
 そして テーマにもあるように 環境意識を高め
 公民館での交流を深め 輪を広げて
 住んで楽しい 元気なまちづくりを目指しています

当日は
 グループホーム天神所長の講演
  (認知症を正しく理解し地域みんなで考えましょう!)
 クローバーによる「フードマイレージゲーム」
 玄米おにぎりといなりの販売
 フリーマーケット (安くて、品数豊富!)
 アルミ缶・新聞広告の回収
 おはなし会 などもあり
  短い時間に 盛りだくさんの催しがあります
是非 お誘いあわせのうえ 足を運んでみてください
b0168412_0274131.jpg
 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-02-19 00:30 | 東和の宝物

新春”春を呼ぶミュージカルショー”

1月29日に しらさわカルチャーセンターで開催された
ふるさときゃらばんミュージカルを 観に行った

ミュージカルと言っても ミニミニが集まったもので
地元の伝統芸能の「七福神」があったり
ペープサートがあったり 工夫をこらした内容で
友だちと二人で 一番前の席を陣取り(私たちだけだった)
体中で味わって 楽しんできた

ふるきゃらミュージカルで気に入っているのが
歌っている 歌詞の内容
今回は 「親が子に伝えることは」の一節を紹介
 
 この土地に生まれ
 この土地の水を飲み
 この土地で育ち
 この土地のものを食い
  親が子に 伝えることは
  人生は 楽しいということ

気に入ったことばもあった
 ”暮した数だけ 愛がある”
 ”「ありがとう」は幸せになる 呪文”

今日 ふるきゃらの営業マンの方が職場に来て
「今度は 東和の文化センターでやりませんか?」
との話しが・・・ どんなものでしょう・・・
 2008年12月の二本松公演では 私達も舞台に!
b0168412_22244117.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-02-02 22:27 | 体験

手つくり餃子

餃子つくりの先生は
 13年前に中国から嫁いで来た英子さん
 今日(1月31日)は にら入りと白菜入りの餃子を
 皮の作り方から 教わりました

皮つくりは ちょっと慣れないと
なかなか 丸く薄く伸びません
やっと うまくいくようになったところで終りという感じです

手づくりの皮は 柔らかく
 お鍋のなかから 浮き上がってきた 
 あつあつでジューシイな具の餃子を タレにつけて
 お腹いっぱいいただきました

さて 今日の 本来の目的は
昨年11月1日に開催した 「幡祭りの里史跡めぐり」のときに
郷土料理を提供した 女性たちの反省会!

参加者一人一人から 反省と感想を話してもらい
初回の 反省を活かし
来年度も 開催することで話がまとまりました
b0168412_21583535.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-02-02 21:59 | 東和の宝物
line

天職は宝物


by Carpe-Diemwith
line