<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧


モモ

この頃 積読本を読んでいる
ミヒャエル・エンデは児童文学作家
今から 33年前に書かれた本だけど
小さな女の子の モモ をとおして
大切なことを 私たちに伝えている

”時間” 誰にでもある?
”心”の感じられる時間をもてなければ 時間はないも同じ
 人の話に耳を傾ける うれしいことを分かち合う人がいる
 一緒に遊ぶ人がいる 自分たちで遊びを考える
 自分の仕事に自信と誇りをもって 楽しくやる
 家族と一緒に過ごす 
 お金や 物よりも 大切なもの

忙しい世の中 大切なものを 失うことなく すごしたい
 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2009-11-29 21:34 |

こころ

夏目漱石の「こころ」を読んだ
どうして?かと言えば
その前に読んだ 外山滋比古の「思考の整理学」の中で
ある有名な方?(名前は覚えていない)が 
大事なところに出かける時に 持ち歩く本というくだりがあったからだ

はたして・・・
始めのうちは 何を言いたいのかな?だったけど
途中から 興味が180度変わって 夢中になって読んだ
”こわい”というか ドキドキしながら読んだ
内容は・・・ (読んでる人も多いよね)
あんなふうにはなりたくないのだ    
 だから もちあるくのかな 誰にでもありうることだから
b0168412_239993.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2009-11-25 23:10 |

モーガンさん再来日

東和で地球人セミナーを開催したのは5年前?
その時は 東和海外研修友の会で 
10名ほどの海外研修生のホームスティを受け入れた
私は その時 ラオスからきた看護士の”ブントン”さんを受け入れ
TAKANOさんは アメリカから来た”モーガン”さんを受け入れたのである

そのモーガンさんが友だち2人を連れて 再来日!
TAkANOさんは 11月22日と23日にかけて1泊で彼らを受け入れ
私も 夜の宴会に招いてくれた!

彼らは21歳から28歳と若い青年で ちょっと年代の開きが・・・
と思ったけど そんな心配はどこへやら 
TAKANOさんの おいしい料理と 
主人のHさんとフランクのギター演奏で その場はLAIVの会場に
心配した 会話も SEKIさんの通訳で何の心配もない
楽しいひとときに!

このような交流って お互いの文化をわかり合ういいチャンスだし
たまには 違った刺激もいいよね
TAKANOさん ご馳走さまでした そして2日間お疲れ様でした
b0168412_22451189.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2009-11-23 22:47 | 交流

長床ウオーク

福島民友新聞社主催
喜多方市の新宮神社にある 樹齢800年のイチョウがメーンの
長床ウオークに 5名で参加した
11月21日(土)は なんと喜多方に向かう高速を走っている時から 雨↓
雨で寒い中を歩くほど ウオークに凝っているわけじゃないと思っていたが
せっかく来たのだからと 歩くことに・・・

1,000名規模の大会とあって参加者は多いが
合羽を着て 傘をさして 風も強い中 8kmを歩いた
b0168412_23272050.jpg

でも 新宮神社の大イチョウを見たら 感動!!!
風が吹くたびに 桜吹雪のように イチョウの葉が舞い散る
その下は 黄金の絨毯! きれ~い!
歩いてよかった!!!
b0168412_23542880.jpg

11月1日に「幡祭り参道と食を楽しむウオーク」を企画したけど
私は ウオークに参加したことがなかった(笑)
今回は他のウオークを体験してみたい!と思って参加した
今やいろんなところで開催されるウオークに 参加する人が増えている
私は そのようなマニアにはなっていないが
企画する側は 目的いろいろ 手法もいろいろ
参加する側は 一緒に歩く仲間とのふれあいと 
          自分達なりに楽しみを見つけて参加してる

私たちは ここにしかない宝物に光をあてて 
ここに住む人たちと つながりながら
 企画していけばいいのかなと確認したのでした
b0168412_23551186.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2009-11-21 23:55 | 体験

わらび座と農家民宿体験

今年のふるさとネットワークTOWAの研修旅行は
秋田県のわらび座でのミュージカル観劇と農家民宿体験
参加者4名と少なかったが
11月14~15日にかけて 雨の中一路田沢湖を目指す!
ミュージカルは「舞子の蔵」
 酒蔵の蔵は 女人禁制!と言われていた
 代々続いてきた酒蔵を守るために その慣習をやぶり
 杜氏たちと一つになり いい酒をつくろうとする 女性の物語
 自分が決めた道を 歩み続ける彼女の生きかたに 共感!
わらび座は 「たざわこ芸術村」の中にある
 そこには 劇場の他 温泉 宿泊館 食事処 地ビール館とレストラン
 木工や各種体験ができる建物などが一体になってある
 宿泊しながら ゆっくり楽しむことができる場所である
農家民宿”彦六”
 東和のグリーンツーリズム推進協議会も目指している
 農家民宿の資格取得!
 観光カリスマでもある 田口久義さん(彦六の経営者)は
 グリーンツーリズムを新産業として成り立たせるために
 旅館業法の規制緩和を求め 農家民宿の資格を取得した方だ
 昭和46年の国体の時に 選手を受け入れたのが きっかけで
 今では 年間 36校が修学旅行で この地を訪れ
 40余の近隣の農家が受入を行っているということである
 朝 体験として使っている 田んぼを案内してもらった
b0168412_22593784.jpg
 
 その後は 晩秋の角舘へ
b0168412_2302889.jpg
 
b0168412_2324425.jpg
 秋田名物のしょっつる鍋(ハタハタ鍋)
  お昼から 地ビールをいただき
  プチプチのハタハタの卵に舌鼓
  仕上げは 雑炊で
  
  
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2009-11-16 23:10 | 体験

ゆず

この頃 身のまわりを気にして見てみると
 私のまわりには ”ゆず”がいっぱい!
 いい香りにつつまれている

徳島県上勝町産の”味付けぽん酢”
 徳島県上勝町といえば お年寄りの方が
 料理のつまものを生産販売し 収益をあげ
 元気に暮らしていることで全国的にも有名なところ
 先々週東京で そこの会社に勤めている人の話をきくことが出来た
 その時 試食品としてもって来てくれた ぽん酢を豆腐にかけていただいたら
 ゆず すだち ゆこうの柑橘類が入っていて おいしかった!
 さっそく 注文で取り寄せて いただいています
b0168412_23401183.jpg
  ”ゆずの化粧水”
    友だちが作っていて
    格安でわけてもらっている(1本300円)
    私の肌にもあっているみたいなので 
    たっぷり肌にしみこませている


b0168412_23452561.jpg
            ”ゆずと大根の甘酢漬け”
              大根をいただいたので
              作ってみました


”ゆず風呂”
 職場の方が ゆずを1コンテナもって来てくれたのでいただきました
 ゆずの香りがいっぱい!
b0168412_23465212.jpg

 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2009-11-13 00:00 | 東和の宝物

雨の音

この頃 朝の通勤(徒歩約10分)が 自然にふれられるいい時間!
今日は 雨
 傘に降りそそぐ雨の音
 川を流れる 水の音
 いろんな 音と風景を楽しめる
b0168412_23203396.jpg


 午後6時30分からは市職員の研修会 今日の講師は
 福大の 白石 豊 先生
  日本ハムファイターズのメンタルトレーニングや
  サッカー日本代表の岡田監督 その他にも etc
  今年の4月からは 福大付属中学校の校長も務めているとか
 先生のトレーニング方法は 
  努力してるけども 楽にできて していないようにすぎてしまうやり方
  (ネガティブでなく ポジティブにとらえる)
  やらされるというのでなく 自らやる気持ちにもっていくこと
  目標は 結果の目標(たとえば大会で1位になる)でなく
        経過の目標を持つ(1位になるために 朝は何時に起き
         起きたら何をし 何を食べるかなど 1日のプロセスを決める)
  有言実行(何度も目標を口にする)
  そして 楽しく おもしろくやる

 先生の話を聴いていて
  ある意味 誰もが 先生であり指導者
  要は その人が何を大切にし どんな言葉を使って
  人と関わり いい関係をもてるか 
  ということかなと思った講演会でした   
      
 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2009-11-12 00:01 | 楽校

いい日いい日

11月11日は介護の日(いい日いい日)
 介護の日のフェアが10月31日に県の男女共生センターで開かれた
 ”富山型デイサービス”として全国に知れ渡っている
 その元祖 ”NPOデイサービスセンター このゆびと~まれ”の
 副理事長の講演会を聴きに言った
”子どもの力”はすごい!
 この施設では、お年寄りと障害者と子どもが一緒に過ごしていて
 子どもに向き合うと お年寄りの方に笑顔が出てきて いい表情になる!
 障害のある人も 子どもの面倒をみたり
  自分が必要とされていることを実感!
 大きな家族のような施設なのである
”死にがいのあるまちづくり”
 死にがい? 究極はそうだよね
 よくわからないけど
 そのためにも いい生き方をしたいな
 死にがいのある 東和になったら いいな
b0168412_2311427.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2009-11-11 23:14 | 楽校

黄金の東和

今日は 朝ヨガで 体をほぐして快適な一日のはじまり!
お天気も 快晴のうえ暖かで 行動するのもうれしい
今日は 羽山リンゴで有名な 羽山の方に足をのばしてみた
途中にある 宮田の大イチョウは見事に 黄金色
b0168412_1774416.jpg

りんごの「ふじ」の収穫にはまだ間があり
りんご畑には たわわに実をつけた 真っ赤なリンゴがいっぱい
b0168412_1764453.jpg

羽山には ハング・グライダーがたくさん飛んでいた
b0168412_17112482.jpg

羽山地域からのながめも 絶景
b0168412_1795293.jpg

帰りによった ふたたびの馬荒川渓谷
 明日は 東和の道の駅を中心とした 「あぶくまウオーク」がある
 ここは 昼食会場にもなる コースのひとつ *準備の方ご苦労さまです!
b0168412_1714016.jpg

さいごに コスモスの種採取
 早く採らないと落ちてしまいそうで 
  布団の取り込みを気にしながらも まあまあの収穫
 そこも 稲刈りの終わった田んぼと 紅葉がきれい
b0168412_17172426.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2009-11-07 17:21 | 東和の宝物

B級グルメが地方を救う

自治体政策講座第2弾
 B級グルメ
  あだたらカレー が二本松市が打ち出しているもの
  私は 食べたことがないが
  値段を安く設定出来なくて悩んでいると
  岳温泉の仕掛け人の方が質問していた
 日本での成功例は
  宇都宮餃子(日本一の消費量があることから打ち出した)
  それに対抗して 浜松でも日本一を主張
  讃岐うどん、横手の焼きそば、岡山のソースカツ丼
  青森のしょうが味噌おでん、室蘭のやきとりなどがあるそうだ
 成功させるには
  ないものねだりで奇抜なものをつくるのではなく
  地域の素材をうまく生かし、地元の人にも愛される 安価な物をつくること
  100%地元のものにこだわる必要は必ずしもない
  キーパーソンの存在も欠かせなく 町づくりに似ているという
 素材は 具材だけではなく
  ありのままの町 風景もある
  たとえば 春にここから眺める 安達太良山の景色とか
 そう考えると 
  身近に いい景色や食材などの宝物がいっぱい眠っている気がしてきた
  ていねいに周りを見渡すと 楽しいことができそう!!!
 今日の夕方の空(東和支所で)
b0168412_23415255.jpg
 
  
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2009-11-05 23:44 | 楽校
line

天職は宝物


by Carpe-Diemwith
line