カテゴリ:交流( 7 )


東和へようこそ

東和の田舎で暮らしてみたい人
東和に新規就農したい人 3名が 
ゆうきの里東和のモニターツアーに参加してくれました

私は 夜の交流会に遅れて参加しましたが
私たちが当たり前に思っていた
”水”のおいしさや その水で作っているお酒のおいしさ
料理の盛り付けの仕方などの話で盛り上がっていました

新規就農したい方は 一昨年開催したモニターツアーの時に
ここに来てくださっていた方で その後何か所か別のところを見に行ったけど
東和で農業をはじめてみたいと思ったということです
その後 神奈川県の農業大学校(1年コース)に入り *今年卒業
すでに 東和の果樹農家に泊まり込みで研修もしています
サラリーマンも経験して 農業をやってみたいと思ったそうです

別の女性の方(会社を定年)は 
現在長野県のクラインガルデン(農業体験施設)で自家野菜を作っている方です

ゆうきの里東和には 若くて元気な方がいる
小さい空き家があれば 移り住んで
自家野菜を作りながら 農作業の手伝いをしたい
長野県では お祭りやイベントで地元の方との交流はあるが 
農作業を手伝うという関係は なかなかできないとおっしゃっていました

元気で 笑顔も素適な女性です
是非 地域に根ざしたゆうきの里東和の中で 夢を実現してほしいです

ゆうきの里東和では
東京で開催される 
新農業人フェアやふるさと回帰支援センターのイベントに出かけ
新規就農したい人の相談に応じています 
後日 相談に来てくれた方に モニターツアーへのお誘いをして
農業体験や東和の名所を案内し 
すでに新規就農している方を交えての交流会を開催しています

そのうち何人の方が こちらに関心をもっていただけるかわかりませんが

今日の交流会に参加して
こんな地道な取り組みがあって 定住者が少しずつ増え
私たちも 元気をいただいているんだなと感じました

すでに交流会がお開きになってからカメラを取り出しました
(3名の今日の宿泊場所は 農家民宿・農家レストラン『季の子工房』です)
b0168412_1104834.jpg
 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2012-03-11 01:17 | 交流

東京に繰り出して行って大学生と交流

12/23 リディラバ・ハーモニー交流会 
 
 朝日を拝んで出発し 夕陽と共に帰路についた1日
 東大生・慶応大生など11名と二本松市関係者12名との大交流会

目的は お米について 都会と地方 いじめ問題 と多岐にわたる
    どれも 簡単に答えの出せるものじゃない

だけど 私たちの暮らし 生きていくうえでは大事な問題
だって 日本中どこでも しあわせに生きていきたいのは 誰でも同じだから

こんな内容で真剣に話し合う人たちがいるのって すごい!

東京の大学生のアパートの一角で 23名が
おにぎりやざくざく 旬の野菜を使った料理を作って食べ
みんなが しあわせに暮らせるため 自分たちができることを 話し合った

何といっても 都会の若者との交流がいい
これからの日本を背負っていく若者
都会と地方の結びつきができる

私にとっては どうなることかと思いながらも
普段体験できない 貴重な体験でした
katahiraさん 料理を担ってくれた みどりさん
お疲れ様でした ありがとうございました
b0168412_12441044.jpg
b0168412_12442871.jpg

 


 
    
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-12-31 12:45 | 交流

ニュージーランドに行ってみたい

12/18 Katahiraさん主催の

 炊飯器で炊くパエリアとソーセージつくり &
 ニュージーランドの写真と話を聞く会

炊飯器でもパエリアは作れるんだ!
お焦げもできて おいしく出来上がりました

ソーセージも肉をラップに包んで 茹でるだけで簡単にできあがり!

りんごとサツマイモのケーキも作り方は簡単
(あとは家で作るかどうか・・・)
ナチュラルなりんごとサツマイモをたくさん味わえて おいしい!

そして 山岳写真家の 佐藤章さんからは
 ニュージーランドの自然を 写真とお話で いっぱい味わうことができた
 
 ニュージーランドは遠い国
 でも 自然と人間がうまく共生しながら生きている感じ
 競争とかなくて ゆったり時が流れている感じがした
 
 一緒に行った友達と 行ってみたいねという感想
 一緒に行った Mちゃんは 来年1月に農業研修でいく予定
 また 研修の報告を聞かなくちゃ

その前に 竹と竹パウダーの効用のお話を聞くことができました
 身近にいっぱいある竹 増えて困っている竹だけど

 パウダーにして畑にまけば ミネラルいっぱいの野菜を食べることができる
 草取りをしなくてもいい状態になる
 こんな活用方法を広めていけたら 
 竹林整備とおいしい野菜の生産と 一石二鳥 
 佐藤さんの取り組みが 楽しみです

そして このような企画(人との出会い ためになる話 食etc)をたくさんして
いろんな人との つながりをつくってくれている
katahiraさんとみどりさんに 感謝 感謝です
b0168412_12194764.jpg



 
 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-12-31 12:22 | 交流

ニュージーランドの大自然

~森羅万象の世界~
佐藤章さんの ニュージーランドの旅の記録

今年オープンした りょうぜんの「里山がっこうの家」で
スライド上映会(10/19)が開催されました

その前に! 
会費は1,000円なのに
旬の野菜を使った料理がたくさん並び 腹ごしらえ・・・
メーンは 近くで採れた栗が入った ”栗ごはん”
どれもこれも 一通り少しずついただいただけで 満腹状態でした
b0168412_2139841.jpg

食事をしながら 始めて会う人と自己紹介
大学生から ここの研修生(多彩な能力の持ち主ばかり)
知人 友人 親戚の方を含めて 25人くらい
(円卓を囲んでおすわりしての 食事と談笑も 親近感がわいていいですね)

実に いろんな人がいておもしろい
こんなにいろんな人とかかわっている
高野金助・すみ子夫妻は ますます偉大!と感じた

その研修生の一人が 佐藤章さん(山岳写真家)
世界18カ国を旅し 中でもニュージーランドは5年間に5回渡航とのこと

その美しい自然を映し出したスライド上映と語りから
ニュージーランドに興味をもった(行ってみたい!)
というのは 日本と違う価値観で動いている国だと思ったから

ホテルや乗り物(ヘリコプターに乗るのに1,000円位)
ガソリンなど 驚くほど安いのに

ある山に登るのに 人山規制をしているうえ
登山料(入山料?)がめっぽう高い
羊が道路を横断しているときは 車が止まって待っている

そんなに 立派な建物とかはなく
車も大切に 走るまで使い
自然や環境を大切にすることが 第一という価値観
日本とは 気候だけでなく 価値観も反対? と思ってしまった

自然に守られながら生きている 人間だから
その一番大事なものがわかっているのかな

彼は 二本松在住とのことですので
近くでも 上映会を開けたらいいですね
彼が 最後にたどりついたのは 農業だとか
いろんな 話が聴けるかもしれません







 
[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-10-10 22:19 | 交流

東和まゆみ会

東和まゆみ会とは
県立安達高校卒業生の 東和の同窓会です

私が会計を担当するようになって 早10年
頼まれた時は え~っどうして 私が同窓会なの?
と とても引いていましたが 断り切れず・・・現在にいたっています

そのうちに だんだん板についてきて?
年代の違う 同じ学校を卒業したという
連帯感のようなものを感じながら 活動しています

人(組織)とは不思議なもので 何度も集まって(年に何回かですが)
顔を合わせていると だんだん 親近感がわいてくるというか
いろんな話ができるようになって  

同じ東和に住んでいる 
普段顔を合わせることがないような人から(ほとんど先輩)
いろんな情報が得られたり 教えてもらったり
たまたま 自分が考えていることの ヒントにつながるものがあったり

人はいろんなところでつながっていて
出会いがあると 何かしら ラッキーと思えることがあるような気がします
そして 一緒にパワーもいただいたりします

その同窓会ですが 設立当初は
現役の安達高校の合唱部やブラスバンド部を
東和の文化センターによんで コンサートを開いたりしていましたが
ここ5年くらい 特に活動をしていなかったので
何かをやろうと 昨日役員会が開かれました

結局 会員同士の交流を図るために
日帰りの旅行をすることになりました
現役引退者が多い会ですが どんな旅行になるか 楽しみです
b0168412_1443314.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-09-11 14:45 | 交流

農業の魅力は?

3月12日 「さくらんぼ会」(女性農業者の会)が開かれました
岩代の方も参加していくれて 17名集まってくれました

自己紹介とあわせ 農業の魅力や夢も語り合いました

 家族で話し合いながら 話し合ったことに挑戦し 自信がついてきた
 お金よりも 目標をもってやるのが一番!
 自分で時間がつくれるのが 魅力
 農薬をあまり使わない野菜をつくり 自信をもってくれている
 夫と一緒に仕事をしているので 一緒に旅行できるのが楽しみ
 夏は忙しいけど 冬場は趣味を楽しんでいる
 この春から農地を借りて農業を始めます(新規就農者) などなど

 でも サラリーマンがうらやましい声もあり
 それに対して また 別の意見も出て 話が盛り上がりました  
  
自分の考えていることを 自分のことばで語る
語ったことに 何らかの反応が返ってくる
そして 自分の考えが また深まる(広がる)
これからも こんな場を大切にして
自分らしく 生きることに つながていけばいいですね!
b0168412_22521885.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2010-03-14 22:53 | 交流

モーガンさん再来日

東和で地球人セミナーを開催したのは5年前?
その時は 東和海外研修友の会で 
10名ほどの海外研修生のホームスティを受け入れた
私は その時 ラオスからきた看護士の”ブントン”さんを受け入れ
TAKANOさんは アメリカから来た”モーガン”さんを受け入れたのである

そのモーガンさんが友だち2人を連れて 再来日!
TAkANOさんは 11月22日と23日にかけて1泊で彼らを受け入れ
私も 夜の宴会に招いてくれた!

彼らは21歳から28歳と若い青年で ちょっと年代の開きが・・・
と思ったけど そんな心配はどこへやら 
TAKANOさんの おいしい料理と 
主人のHさんとフランクのギター演奏で その場はLAIVの会場に
心配した 会話も SEKIさんの通訳で何の心配もない
楽しいひとときに!

このような交流って お互いの文化をわかり合ういいチャンスだし
たまには 違った刺激もいいよね
TAKANOさん ご馳走さまでした そして2日間お疲れ様でした
b0168412_22451189.jpg

[PR]

by Carpe-Diemwith | 2009-11-23 22:47 | 交流
line

天職は宝物


by Carpe-Diemwith
line